img_02

古いトイレの不具合は、トイレ交換がおすすめ

トイレの寿命は10年程度と言われています。


10年程度経過すると、水漏れが起こったり、ウォシュレットが故障したりなど、様々な不具合が生じ始めるようになります。
トイレは毎日使うものですから不具合が生じると慌てて修理を依頼する人が多いことでしょう。

しかし、修理代は予想外に高額になってしまうことも少なくありません。


むしろ、トイレ交換して新品に取り換えてしまったほうがお得な場合も多いのです。

というのは、最新のトイレは節水型に変わっており、水道代を大幅に節約することができるようになっているからです。



トイレ修理の場合、部品代や修理費用、さらに出張費用などもかかるために、数万円が相場です。

新品のトイレ交換の場合、5~6万円以上の費用がかかりますが、水道代を大幅に節約することができるようになります。
従来の13Lの水を必要としていましたが、最新のトイレは3.8L~4.8Lと1/3程度に抑えることができます。



これを水道代に換算すると、年間15,000円程度の水道代の節約になります。

もし10年使い続けるとすると、15万円となります。

これは非常に大きな額です。

トイレに不具合が生じると、慌ててしまい、とにかく修理しなければと考えてしまうことが多く、トイレ交換ということに頭が回らない人がほとんどかもしれませんが、実は不具合は新しいトイレに交換するチャンスでもあるのです。
もし、古い13Lタイプのタンクのトイレを使っている場合は、不具合が生じたなら、思い切ってトイレ交換してみてはどうでしょう。